【夏空のモノローグ】キャラ感想。

こんにちわ わたし です (⌒▽⌒) ドウモ

プレイしたほぼほぼの乙女サンが大絶賛していて、深い感動と涙なしでは語れないらしい名作として有名なファミ通ゴールドまで取っている【夏空のモノローグ】ワタクシも遅ればせながらプレイしました!

夏ですからね!

ホントはPSP本体がヤバくなったらヤバいのでお借りしてるPSPソフト真っ先にヤってしまわなイカンばい!!
っていうアレですけどまぁ、夏ですからね!!

そして、残念ながら、ワタクシはこの夏空で涙腺が錆びついている残念な乙女だったので、そういう残念視点で語らせていただきます故、夏空推しの乙女さんの眉間にシワが寄るような内容である可能性が特盛です:(;゙゚’ω゚’):

でも決してアンチ夏空ではないので、ゲーム自体は楽しくプレイしたんですよホントに、
ただ、泣けなかった、というだけで( ;∀;)

そこらへん申し訳なく思いますがあえて、なぜワタクシは夏空で泣けなかったのか?というテーマに沿っていってみたいとおもいます\(^o^)/ヒューゥ

 

★ 盛大にネタバレしてますのでご注意ください ★

 

泣けなかった理由について説明しているので、辛口傾向です。

でもディスっているワケではないのでお許しください((゚゚((Д))゚゚))ガクガク

 

そ、

それでは、なぜ夏空で泣けなかったのか・前篇 攻略順にキャラ別感想いっきいま~す\(^o^)/

 

加賀 陽 CV:高橋 直純  
TOPバッターはワンコ枠のカガハルく~ん!

 

グイグイ直球系の年下ワンコちゃんでしたが、まぁコレ、ぽじてぃぶが過ぎていっそ愛おしかったですね!

お勉強の方は残念だったけど絵の才能があって、利き手の右手が使えなくなっても左手で才能発揮できる本物の芸術家、でも日々の努力も惜しまない、そして彼が1番「明日」に対して希望に満ちあふれていたリア充な気がしました。

葵チャンは腐ってた自分を浄化してくれた女神様なので神聖化するのはわからなくもないですが、個別に入ってから葵チャンにアプローチされてもどこ吹く風で、好きな人の機微にも気づけないのかコノヤロウ感すごかったんですけど、実は気づいててわざと気づかないフリしてたのかよマジコノヤロウ恋愛マスター様かよ感でちょっとモヤっとしました。なので泣きポイント0。

旧校舎での2人きりの時間はゆっくりやさしく流れてて、夕暮れのほっこりタイムはとてもよかったです(´∀`*)

浅浪 皓 CV:井上 和彦 
2番手アダルト枠の先生!

 

この手のいわゆる身内や大事な人が不治の病であるとか、事故であるとか、原因はなんでもいいんですがとにかく「死」を使った展開がどうにも地雷なので、そういう系でお涙頂戴は道中どんなに尊かろうが感動しようが地雷踏んで爆発してア~レ~ ・*・:≡( ε:)

になっちゃうんですよね残念ながら、教師と生徒なんてめちゃくちゃ捗る設定なのにホントに残念なんですけど、先生の境遇を思うと気の毒で仕方ないし、家族に恵まれないからこそ、葵チャンとキッスのひとつもしてないのにいきなり嫁にィィィ~来ないかァァァァ~的な一歩目からいきなり大ジャンプかましてくるのも、うんうん、と思えるんですが、真相の修正力により葵チャンとの2人家族の未来すらなくなってしまうので、先生の「明日」は絶望しか待っていない、そもそも弟の生死使って悲哀醸し出すのは納得行かないので泣きポイントむしろマイナス。

でも、教師としての姿勢はものすごく熱血で好感が持てました(*´ω`*)

篠原 涼太 CV:代永 翼 
3番手、年下枠の篠原ク~ン!

 

頭の中の消しゴムゥゥ(;´Д`)?!
部室で同じ本を読み続けてて、同じオヌヌメ文句を言い続けてきた時、彼のループだけ壊れてるとか?!ってちょっとサイコ的でワクブルっとしたんですが、ご病気のせいでした。

ループによって書いたことが全部消えちゃうから忘れないようにメモ取っても全部消えてしまうというなんとも御無体で非情なループ。
ご本人はループしてる間、病気の進行が止まってる気がします(*´ω`*)って嬉しそうにしてましたけど、忘れてる忘れてるよもうイロイロ忘れちゃってるから~~~。゚(゚´Д`゚)゚。

恋人ごっこから恋人同士になった瞬間は、あら素敵と思いましたがソレも綺麗サッパリ忘れてたので、葵チャンの落胆ぶりが551のない時みたいでした。

彼の「明日」はループしてようと、してなかろうと、永遠に来ない。そして彼も彼の周りも救いがない未来しかない、そんなコトを思うと泣けるというより憤りの方が強かったです。記憶が消えたわけではなく、ちゃんと蓄積はしていて、思い出せないだけ、何かの弾みでひょっこり思い出すコトもある、コレを小さな奇跡として前向きに捉えてたんですけど彼の回終わった時までは。でも、真相ルートでひっくり返しました。まさか1日ループ終わった瞬間に1年ループに戻るってソレ、一緒に闘いようなくなーーーーい?!どう頑張っても一人ぼっちの未来しかないやないかーーーーい!
って、

砂浜で本音を激白した篠原クンのお気持ちを思うと気の毒で仕方ないとは思うのですが、なんていうか、病気のせいで悲哀、みたいなのもちょっと違うかなっていうか、ワタクシの涙腺を揺さぶるには寧ろ逆効果というか、そんな感じで泣きポイントはナシでした。

 木野瀬 一輝 CV:阿部 敦 
4番、エース、木野瀬くーん!

 

全ての回で、影から葵チャンをそっと支え見守りそして背中を押してきた元カレピもどき。

夏空のパッケでもメイン張ってたので、木野瀬ゲー?かと思いきや、木野瀬不憫ゲーでした。
公式ではとっても幸せそうにしてましたよね、ふわふわと、彼の回終わった時もやっと幸せになれたよかった木野瀬くんよかった本当に!!って思ってたのに、真相回が全力でぶち壊してきました。真相の修正力ぅぅぅぅぅ!!

せっかく葵チャンが恋愛脳になってくれたのに、突き放す、しかも敵前逃亡までする、イヤ自分探し?
自分が唯一無二なってはいけないみたいな縛りプレイつきで。
責任を感じるのも分かりますが、キミが1番の被害者なんだよっていうのを誰かちゃんと教えてやってよホントに不憫で不憫で、自分だけは昔の葵チャンを知っててワンちゃん手前だったのに、他の野郎どもにかっさらわれるのを哀しみに暮れながら耐えてきたループの日々を思うと辛すぎるもうホント不憫で。゚(゚´Д`゚)゚。

あまりにもストイック過ぎて若干、悲劇のヒーローモードに入ってた感もするんですけども、いつも悲しげでドMな処がたまりませんでしたええ当然推しですはい、中の人も大好物なんでねただ尊いかと言われたら?ひたすら不憫なだけで、そして悲しそうにしてるからといって同調するようなベクトルでもなく、泣きポイントもなかったという、

彼の「明日」は、真相の修正力による報われない日々が続き、その果に彼が恐れている記憶の風化が待っているという望まない未来。せめて自分回だけでも幸せになって欲しかったのにどこまでも不憫大将でした( ´:ω:` ) ブェ

沢野井 宗介 CV:高橋 伸也 
5番 ファンタジー枠部長サァン!

 

序盤からおそらく推し金になるであろうという色目で見てたというのもあって最初からハードル高くしてしまったのが敗因。あっ、敗因ってゆっちゃっt
ちょっと、万能すぎじゃないかと思いきや、恋愛における認知レベルが果てしなく低くて大草原。

彼の抱えていた古傷はパッパの事故死で、それを回避するためにタイムマッスィィィィィィンンンンこしらえました\(^o^)/

科学とはふぁんたじ~である(˘ω˘)

部長のパッパさんだからまかり間違って未来から息子が危機を知らせに来たとしても、言うとおりにはしなかったと思いますが、部長サンが全ループにおいてパッパを救済せず科学部を取ったやさしい人だって綿森クンゆってましたけどうん?科学部を作らなかった未来もあったはず?イヤ、葵チャンが入部しなかっただけで科学部自体は存在してた?アレ?先生と出会わなかった回もあったってゆってたよね?いやでも科学部がなくても部長サンならピンでタイムマシン作ってたよね絶対そしたらパッパを救えた未来もあったはずイヤ作ったわけじゃなくてツリーの解析をしてそれを作動させただけですけどまってその前にタイムマシンの定義ってどうなっとるの?そういえばプラネット・ハンティングって何楽しそうな響きそういえばこないだ生後1千万の年銀河の赤ちゃん発見されてたよね、ええっ?!山形県の板垣公一さん超新星156個も発見してるんですかSUGEEEE!!そういえばそういえば∞宇宙って浪漫~~~~~~~~~~ヾ(:3ノシヾ)ノシ

あまりにも部長サンと葵チャンの間に流れる時間が熟年夫婦みたいだったので、興味が宇宙に逸れてしまったのと、アレ、思ってたのと違う、どう違うのか?うまく説明はできないけど、もうちょっと部長サンの恋愛スキル発動すると思ってた、んですよね勝手にね、そんなん知らんやーーんって感じなんですけどねホント、まぁ部長サンはループ起こしてるのが葵チャンってわかってたのでその感情?を解析するのに没頭してたからなんでしょうけども、そのまま山場もなく終わっていったので泣きポイントもなく、

彼の「明日」は、パッパのいる未来を捨ててまで選んだ大事な科学部なくなっちゃうけど、そのうち小型宇宙船とか作って木野瀬くん辺りと一緒に新世界へ旅立って行きそうなので、きっと大丈夫!

部長サンだけは唯一、どっちのENDも葵チャンと別離することなく、交換日記で愛情深めた後にうまくいきそうな感じだったのでふふふでしたね(*´ェ`*)

綿森 楓 CV:岡本 信彦 
ラスト真打ちの綿森くん!

 

まさか1日ループが終わった瞬間に1年ループに戻っていたなんてーーーーー?!
これは嬉しいサプライズでしたね!うっひょうううMAJIDEeeeeeなんかカッコイイイイィィィ~~~_(:D」┌)⁼³₌₃
夏空で最高潮にテンションが上がった瞬間でしたが、まって、まってまって~~そしたら今までの彼ぴくん達のハピエンのその後が全部なかったことになるよねぇぇぇ?!
ここらへんについてはおまとめ感想でじっくりさせていただくとして、そんな絶望の感情を引きずりながら、

確かに尊い!彼の存在、というか、彼が旅してきた時間はもんのすごい尊い!でもなんかやっぱりドゥーーーーンと響くものはなかったんですよね、本編では。本編ではね、

綿森くんと葵チャンの関係性が、病院の先生と患者みたいに見えてしまって、結果辿り着いた先が葵チャンとマッマの確執だった。
ってとこに落ち着いて、無事葵チャンがループを終わらすという方向へ導けました~退院おめでとう~!的な。

ラストはふんわり自分が葵チャンにツバつけて記憶の蓄積にいっちょかみしつつ~最後のループで大団円という清々しいモノで、おめでとう感はあったんですが、綿森くんの真相解明ターンの語りをふんふんなるほど、と噛み砕きながら、葵チャンがループを起こしているきっかけになった動機を思うといたたまれなさでモヤモヤとし、自分が消えるコトを隠したまま楽しい7日間を過ごして、突然湧いた部長から綿森くん消えちゃうよ~と聞かされて、いやまぁ絶対大丈夫確実に1年前にどないかしてでも出てくるから!っていう身も蓋もない確信とともに、2人のお別れの儀を見守り、無事最終ループを迎えてなぜか突然気づいたらソコに現れていた、なぜなら観測者ファンタジー。

っていうのがちょっと納得いかなくて、もっと腑に落ちる尊さがないと泣くに泣けない…けど、そんなコアなもん求める方が間違ってるといえばそれまでで、でもだからといってはい泣きまーす!というワケにもいかず、、

でも彼の「明日」はきっと輝かしいモノになるだろうなと、そばには絶対葵チャンがいるしね!

小川 葵 
夏空ヒロイン、砂糖の妖怪葵チャンについてもちょっと。

 

まずどうしても納得できなかったコトがあって、やたらめったらよってたかって彼女のことを 「キレイだ」 とゆってたんですけど、葵チャンご本人もゆってましたが、めちゃくちゃ地味です、よね?
地味だけどそれなりに気に入ってる容姿らしいですがそれはまぁ全然いいんです、若干1名、木野瀬くん辺りからはとんでもなく可愛いというふうに見えるそうなんですが、これは完全に恋するお目々なのでむしろ微笑ましくてふふふ。でも、他の彼ピ達がこぞってキレイキレイという程ですか???

顔のことゆってるわけではないんですかね?何千年もループしてきた積み重ねみたいな年輪的なモノに対してキレイに見えるという感じなのであれば少しは納得できますけど、それはループに巻き込まれた全員がそうですよね?
絵師さんのタッチの問題で、他の方が描いていたら絶世の美少女だったんでしょうかわかりませんが、そこが気になってモヤモヤしてました。

あぁ、もれなく全員恋するお目々だったからなんでしょうかそれなら仕方な、

それはそれとして。

共通回での葵チャンは可もなく不可もなしでしたが、個別回に入って恋愛脳になった瞬間からの変貌が凄かったです。
驚くほど哲学的に自分も相手も分析できて、恥ずかしがり屋さんなのに思い立ったら即告白できたり、まぁゴニョゴニョしちゃってうまく行かないコトの方が多かったんですが、なんていうか、めちゃくちゃアグレッシブでした。

ある意味達観した感じだったので、とても女子高校生の恋愛観とは思えませんでしたが、これも多大なるループによる積み重ねによるものなんだなと思えば納得せざるを。
好きを認めて、受け入れてもらえなかった、そこからの自己分析と前向きのパワーは称賛に値します。

素晴らしい葵チャン!キミは素晴らしい!!(称賛

お砂糖大好き妖怪の部分は正直微妙でしたけど、実はループを起こしていた張本人だったわけですが、その原因が辛い、これは辛すぎる。
大好きな木野瀬くんとこれから会える、きっと恋が始まる予感、ああ、今とっても幸せ絶頂~~💕このままハッピーな今日がずっと続けばいいのに~!!
そんな願いは叶ったけど、それまでの楽しい気分忘れちゃったむしろそこからは鬱の日々しかなくて、親からはあんた誰扱いされるし記憶もないから当然学校なんて馴染めるわけもないし昔の関係者からは思い出せプレッシャーくるしあれ?そういえば記憶無くす前に友達くらいいたんじゃないかと思うんですけど、そういう子1人も出てきませんでしたね??

記憶なんかなくたって、ズッ友だよ!! みたいな子、、いなかった、んですねきっと、、、

ツリーと同調してしまったがために起きてしまった事故、まぁ起きちゃったモノは仕方ない、でも前を向けるようになるまでものすごい年月かかったなっていう、なんだかよくわからない感想になってしまいましたが、明るい「明日」を迎えられてよかったね!(雑

 

 

はい、というわけで、もっと短く簡潔に書こうと思ってましたが、あれもこれもと言い訳モードに入ってしまいちょっぴり長くなってしまったキャラ別感想これにて終わりで~す。

ちょいちょいひどいコト書いてる部分もありますが、決してアンチではないので信じてください( ;∀;)

お次はおまとめ感想で~す

それでわ また~ (*゚ヮ゚*)

 

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ

 

1