【戦場の円舞曲】キャラ感想*ティファレト前篇。

ティファレト CV:柿原徹也

それに僕は、早く死にたいし

容姿端麗で何もしなくても女性にモテまくってしまうという特性を持つ。
それによってトラブルに巻き込まれることも少なくない。
本人はそれを本気で嫌がっており、
「僕のことなんて放っておいてくれればいいのに」といつも愚痴っている。
また、ラスティンに一方的にライバル視されている。

うちの嫁・ティファレトです(*´ェ`*)

魔法使い尊い

魔法使い尊い

共通ルートでラスティンに ホモ疑惑やIMPO疑惑をかけられたワタクシの嫁ですが
もうね、タイトルが既に えろい!何このかまってちゃん!えろってちゃん!

それでは ティファレト前篇 行ってみたいと思います(゚∀゚)ノ ドウゾ

 

◆6章 「甘えたがりの寂しがり」

冒頭からメフィストが出張る。

『私はもっと君を理解し、親しくなりたいんだ ああ、口説いているわけではないよ』

敢えてそうではないということを強調して逆に意識させるスタイルなんだろう?
口説いて下さい お願いします ヾ(:3ノシヾ)ノシ

ティファレトはもう、不思議ちゃん属性なので、会話も微妙に噛み合わないというか
会話になってないwww

早く死にたい というティファレトを諭す主人公ちゃん

世の中には、生きたくても生きられない人がいる
命を粗末にするような考え、良くないと思う
ティファレトの家族だって……

『僕にはそんなものはいない』

この台無し感なんとかしてくださいwwwwwwwwwwww
良くないと思う、でやめときゃよかったのに、せっかくの説法がもうwww

シャオレイ曰く、
『死にたい死にたいよく口にする割には実行に移すわけでもないし、
 構って欲しいのかしらねぇ 甘えたがりの寂しがり屋ってことよ』

らしいけど、すいません、そのお店はどこにいったらありますか?!
その甘えたがりの寂しがり屋にティファレト売ってますか(゚д゚)!?

そして、お墓に潜入するターン。共通√で、このお墓の下りはどこで回収するんだって
思ってたら、ティファレト√だった(゚∀゚)!

ユアンってメガネ取ったら人格変わりそうな感じする どこのなっちゃんwwwwww

4人でワイワイ探索してると、メフィストに見つかって ちょっとチビリかけた。

やっぱりここにはディモスが封じられてて メフィストはその見張り番らしいけど
誰かが近付くと分かるって、サニーのヘアネットみたいなんでも張ってあるんかな
ってまぁ、どうでもいいそんなことは。

それよりも、アサカが影響受けてやつれていってるのがなんか可哀想(´;ェ;`)

そしてティファレトから衝撃の告白

『僕ね 記憶喪失なんだ』  ( ゚д゚)ポカーン

不安そうな顔した主人公ちゃんに、大丈夫、それで悩んでるわけでもないし
生活に支障もないし、何の不自由もしてないからね~も~んだ~いないさ~\(^o^)/

じゃぁどうして私に話そうと思ったの?

別に話さなくてもいんじゃね?何の不自由もしてないんでしょ?的なwww
そりゃそうだなwwwぐうの音も出ねぇなwwwwwwwww

今の僕は本物なのかな 自分の居場所はここなのかなって

『ただ時々……そう時々、思うだけなんだ』

お、おっふ・・・そんな甘えた声でそんなこと言われたらもう、アンタ _(´ཀ`」 ∠)_

記憶を取り戻す手伝いをしたい、という主人公ちゃんの両手を握り

『もしかしたら……僕はそう言ってくれる誰かを待ってたのかもしれない』

ってな、待って、ちょっと待って、

(」°ロ°)」 惚れてまうやろおおおおおおおおおおぉぉぉお!!

あ、あかん、そんな至近距離で見つめてきたら吸い込まれるぅぅぅぅ(*´Д`)ハァハァ

甘えたがりの寂しがり屋 と書いて ホストって読むと思うんです。

◆7章 「降りしきる星の雨」

マイヤ教官に秘密の呼び出し。マリみて的な事を想像したけど、思いの外ファンタジーだった。

メフィストと親しいようね?と切りだされて、主人公ちゃんと同じ勘ぐりをしたけど
とんだ異次元のお話だった。

メフィストと契約したいけど、相手にされないから貴女から頼んでもらえないかって
( ´゚д゚`)エー…と思いつつもシブシブ承諾してメフィストの処へ行く主人公ちゃん。

医務室の前でモニョってると 突然背後から沸くメフィスト
『怪我の手当?それとも体調不良? それとも 私に愛の告白でもしに来てくれたのかな』

悪魔に魅入られたワタクシの心を 治療してください(*´ェ`*)ポッ

貴方って……悪魔なの? 直球でキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

『そうだ それが何か?』 直球カウンターキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

いや、知ってたけどもさ、悪魔ってwwwwwwそもそもメフィスト名乗って
ただのレイヤーでーすなんて通じませんがなwwwww

主人公ちゃんが医務室から出てくるのを待ってたマイヤ教官に
だが断る(゚д゚)デスッテ と伝えて 糸冬 了 ちょっと気の毒だなぁ・・・w

そしてルナリアの花が一つだけ枯れているのを見つける。
うわぁこれアカンパターンのやつ(;´Д`)崩壊フラグこれ(;´Д`)

その足でティファレトのお店にいくと、やったら上機嫌なテンションなんですけどwww
声のトーンが3つくらい上がってるんですけどwwwwww

高度魔法が使えるティファレトになんだかジェラスィ感じてる主人公ちゃん。
ワタクシが貴女に抱いてるジェラスィに比べたら大したことないよな(⌒▽⌒)ハハハ
ルナリアの花を結晶化さす魔法がいたく気に入った主人公ちゃんに

『お姫様に気に入っていただけたのなら何より』

ちょっ、まっ・・・

( ´;゚;ё;゚)・;’.、・;’.、ブッ!!

おひっ、おひっ、おっ姫っひっ ひ─wwヘ√レvv~(゚∀゚)─wwヘ√レvv~─!!

まいぷりんせすってゆってもらえませんかあぁぁぁぁぁ
お金払うんで、お金払うんでーー!まいぷりんせすってぇぇぇぇぇ _(´ཀ`」 ∠)_

ものっそい上機嫌だったティファレトに悪魔の話しを振るといきなり不機嫌に。
これもう、絶対関わりあるフラグwwwwww

あっ、ミニヴィルヘルム、そういえば魔剣の存在忘れてたねwww
この√学校も戦闘も出てこんから凄いヒマで怒ってるwww
でもきっと何かの絡みで最後消えるんやろなとか思うと萎える(・:゚д゚:・)

アサカはどんどん具合悪くなっていくし(´;ェ;`)
ルナリアの花も枯れてる部分が広がってってるし
ティファレトに色目使ってた女子は事故るし
コレットには不審な目で見られるし

でもそんなの関係ねぇ!そんなの関係ねぇ!

○∧〃
/ >
< \

ティファレトから夜の森でおでぇとしないかのお誘いが。断る理由が存在しない。

わぁ~星が、星が降ってくるぉ*:+゜・。*ヾ(●´∀`●)ノ*。・゜+:*

両手を夜空に向かって広げてみせるティファレトって、何?!何?!ドコの天使それ?!
どの階級の上級天使なの:(;゙゚’ω゚’):?!

『こんなふうに誰かのことを想うのは初めてで……』

それはつまりDOU-T ( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

『もうこれからは死にたいなんて言わないよ。君の側にいたいから』

 

はい、ティファレト急デレ展開の章でした

いきなりクソ上機嫌になった時は軽く引きましたけどね

ティファレトショップ入った時の上機嫌声聞いた時 店間違えたかと思いました(⌒▽⌒)

お姫様扱いですよ?お姫様扱い ええ?これ、お姫様扱いですよ?

◆―――――――◆―――――――◆―――――――◆

というわけで、

ティファレト後篇 へつづく(▰˘◡˘▰)⊃

 

 

0