【DYNAMIC CHORD feat.apple-polisher】キャラ感想*その2。

こんにちわ わたし です (⌒▽⌒) ドウモ

それではまるまるっと キャラ感想その2、イきま~す 三(卍^o^)卍ドルルル

Drums.Toi
音石 夕星 CV 櫻井孝宏
ドラムと電子ドラムを使う。
思った事を悪気なく自由に発言したり、気まぐれに行動するため性格に問題があるがドラムの腕は最高にいい。
アメリカでいろんなバンドを渡り歩いている時に、勧誘されapple-polisherに加入。
三度の飯と女が大好き。

は~い 注目~!ワタクシの推し☆さん、ON☆Drums 夕星で~~す\(^o^)/

中の人がこの方で今まで推しになった麺などいなかったので
正直戸惑いを隠せませんが…イカれてるのに聡いっていう厨二臭い王道設定
大好物なんですスイマセン(*´艸`*)

他ルートでは、耳の事は据え置きで、夕星きゃわ~(*´◒`*) だったんですけど
自ルートでこれでもかと悲壮設定詰め込んできやがりましたね~!

なんていうか、BAD END以外での身体不自由系と死亡系はあんまし得意ではないので
正直 (-公- ;)ムムゥ… と思う時間の方が長かったんですが、

夕星の耳の不調で美雨タソが介護してた辺りはまぁ、まだ耐えれたものの
とらくんの事故を皮切りに 悲壮スパイラルがすごくてすごくてもう(;´Д`)ォォ

重い、兎に角ひたすら重い、空気が重い

美雨タソの声が出なくなって~声が戻るまで、何かっちゃ~メソメソ泣いてた記憶しか
残ってないという…(ヽ’ω`)メッソリ

夕星ルートは色んな意味で感情の揺さぶりが激しくてですね
若干ベクトルが韓流系というか、チャンネル間違えてねぇ?!っていう系の
お涙大盤振る舞いだったので、乙女ゲ?的には非常に微妙ではありますが、

そんな悲壮な中、夕星だけはひたすら男前でしたね~♡
デフォがキテレツだと、一瞬の真顔が引き立ちますしね~♡
クレイジーと見せかけて、夜は紳士とかもうね。もうね。ホントにね、好きっ♡

おそらく、あっぽり麺の中で一番富豪だと思うんですけど、フラっと海外で静養とか
やっぱり金と権力最高か?!って感じでした(^q^)ゲヘヘ

アレですね、忍もそうですが、夕星もてくにさんですね。
忍のは匠の技ですけど、夕星はマナーというか、英才教育の一貫というか
忍はヌトヌト 夕星はサラサラ そんな感じ(どうでもいい

まぁ、ワタクシが一番捗ったのは禁断ネタでしたけども(*´ェ`*)

月夜ビジュアルが出てこなかったのがとっても残念賞。
夕星と月夜だけで3冊くらい描けそうなだけに…(ノД`)シクシク

EDが4つあって、はぴえんもヨカッタんですが、お気に入りはED4!
ココロは他所の場所にあるまま、最後に話す相手になるちゃんを選んで
耳も聴こえず絶望の果に美雨タソの腹の上で ;y=ー( ゚д゚)・∵. ターン っていう、
どこを取っても哀しいでしかない心が洗われるようなBAD ENDでした(˘ω˘) ウム

ED3もよかったですけどね~。なるちゃん滑り込んでキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
って思ってテンション上がりましたが、美雨タソの目が濁ってなかったので
パンチに欠けたのが残念賞。

いやいや勿論はぴえんもヨカッタですよ?はぴえんありきのBAD ENDですからね!
個人的にBAD ENDの方が好きっていうだけで、はぴえんもヨカッタデスヨ!

そして、ここ、ここは文字を大にして言いたい!大にはしないけど!

二人称が「あんた」キャラは最大の地雷だったんですけど、夕星は寧ろ
「あんた」じゃないとしっくりこないくらいあんたのバラードを容認できた、
オネェキャラ以外で初めての推し☆でした♡

そんなワケでね これでもかと喜怒哀楽を詰め込んだ夕星でした~\(^o^)/

サイコー以外ありえない(゚∀゚)♡

Guitar.UK
青井 有紀 CV:中島ヨシキ
少し皮肉屋な性格だが、熱い一面を持ち、タバコと酒が大好き。
NaLの歌声に惚れ込んだUKがNaLをバンドに勧誘し、apple-polisherを作った張本人。
apple-polisherの個性となっているダンサブルな楽曲を得意とし、作曲と作詞を担当している。

あっぽり中一番人気らしい、ギタリストのゆっけで~す(・∀・)

ワタクシの周りのあっぽら~サンたちはこぞってゆっけ党なので
気をつけてはいたんですが、自ずと期待値が上がってしまい

てっきり救いようのないKUZUなんだとばかり思いこんでしまっていたせいで
彼の真の良さを見逃してしまった可能性が濃厚です…

ゆっけ全然KUZUじゃなかったんですよね~( ;∀;)

音楽が一番というけれど 根っこの部分では非情になりきれず
彼の創作styleが感情とか生活と直結してるので、感情を無くしたガラス系にもなれず

美雨タソそそのかしてすっすすに持ち込んでも、口では 騙されたなザマァ(゚∀゚)9
なんてゆっておきながら、早い段階から良心の呵責に揺れてたり、

音楽が一番、というよりも、ただの音楽バカなだけで
女癖悪いstyleだけどすっすす依存症というワケでもないし、心が動かなかったのは
出会ってきた女子の方が残念賞なだけで実はよくある「本物の恋を知らなかっただけ」
みたいな、なんていうのか、不器用なロッカーっていうか、全然KUZUじゃなかった
寧ろ謙虚なくらいだった 誤解してたよごめんねゆっけ( ;∀;)

そんなこんなで、ゆっけよ、オマエもか…という悲劇ルーチンなんですが

ゆっけよりも、なるちゃんが申し訳無さで発狂して白目むいちゃう方が心配な
血塗られた花火大会でしたね~(;´Д`)

右手が大変なコトになってワァワァしてる処、ゆっけが落ちて下敷きになってる方の腕は
左側なんですけど…コレは一体どういう…という疑念のスパイラルから抜け出せず
何度もスチルを確認したりして、ワタクシが白目むいてたというコトもありつつ( ˙-˙ )

生い立ちが重すぎて、どうしてよいか気持ちが迷子になりましたね~(ヽ’ω`)

乙女ゲによくいるヒロインちゃんなら

そんなことない!あなたは要らない人なんかじゃないわ!!
だから自分をそんな卑下しないで!!(胸焼け)

とかキレイ事を言いそうなものですが、美雨タソは黙って聞いてましたよね~
本人は何て言えばいいのか解らない…状態だったんですけど、なんとなく
ヨいシーンだなぁと、思ったけどやっぱ重いもんは重いですね…(ヽ’ω`)

ゆっけご本人が飄々とした感じなので、こちらの感情もあまり変動せず
美雨タソが頑張ってたのでそちらに揺さぶられた感が大きかったんですが
一度だけ 野獣モードありましたよね~(^q^)
きっとアソコでゆっけ党な乙女のハート相当数ぶち抜いたと思います(*´艸`*)

思いの外全然よい人で、かわいいオトナ…っていうか、かわゆいっていうか、

いちいちキザで なんとなく幸薄くて なんかかわゆい…(゚∀゚)♡

こゆ処?!こゆ処かな?!人気あるのって、このかわゆらしさの処かな?!
だったらすんごく解るんですけどね!
ビールこぼすのは忍に構って欲しいからなんですよね知ってますし!

ていうか、中の人が凄く、ヨかったんですけどもォォォ!

裏の貝と、アプリの脳筋くんではお耳にかかったことあったんですが
どっちも元気一杯キャラだったので、ゆっけとのギャップが凄かった…っ!

ブレスの具合とか、ちょい甘ったるい感じのトコが柿臭してますけど
なんか…(・∀・)イイ♡ ゆっけのヨシキ…(・∀・)イイ♡

ENDは4つ。はぴえんは2の方が好きでした(*´ェ`*)
なんのかんの、ゆっけに嫉妬さす体を装いながら
美雨タソにちょっかいかけてくる夕星の優しさと、恋しさと せつなさと 心強さに
震えましたが←

BAD ENDは3サイコー!3サイコー!

屋上ダイヴはちょっとイヤーンではあるけれど、後の展開がヨカッタ~!
なるちゃんでなく、まさかの忍がぶっこんできましたね!
ゆっけの子供も自分の子供も、大事に大事にしてくれると思います( ;∀;)サチアレ

逆にED4は最の高にモヤっとしましたね~(-益- 😉
ちょろちょろ存在は匂わして、凄い近くにいたりするのに絶対出てこない
消えたふうに装っておいて、裏でちゃっかり夕星とヨロチクやってたりして(#^ω^)イラッ
思い通りにならない男感すごくてモヤモヤMAXでした(⌒▽⌒)ナンカネー

結局シモのネタに持っていくしか脳がなくて恐縮ですが、
ゆっけの床テクに美雨タソ性奴隷みたいになってましたね~(^q^)
しかも、2回目で快楽の海に溺れちゃってましたから、京都の床技SUGEEEなっていう。
きっと愛情の重さもあったんでしょうけどね~(´∀`*)fff

音楽となるちゃんバカが陽の光を浴びてますが
事あるごとに忍が支えてきたという事実に、ワタクシの腐れた脳は常にカーニバルでした。

お後がよろしいようで(⌒▽⌒)あい♡

◆―――――――◆―――――――◆―――――――◆
はい、そんな感じで、キャラ感想その2 終わりま~す

お次は キャラ感想その3 で~すヽ(・∀・)ノ

 

 

0