【総評*バレなし*】ガーネット・クレイドル ポータブル ~鍵の姫巫女~

タイトル:ガーネット・クレイドル ポータブル ~鍵の姫巫女~
メーカー:アイディアファクトリー
ジャンル:恋する乙女活劇ADV
プラットフォーム:PSP 発売日:2011年04月07日
《キャスト》
・勅使川原透矢 -近藤隆
・西連寺理人 -柿原徹也
・櫻沢輝一郎 -平川大輔
・白土楓 -寺島拓篤
・サーリヤ -立花慎之介
公式:http://www.otomate.jp/garnet_cradle/
ストーリー

この物語の主人公は、この春休みが終わったら2年に進級する高校1年生の天橋美紅。
春休み、彼女や友人達は学園祭恒例の演劇の準備におおわらわだった。
そんな彼女の前に、「変化」は訪れる。
「扉」が開く。
「誘いの黒猫」がやってくる。
彼女はそれを夢だと思った。
しかしある日を境に毎夜見るようになったその夢は何故か確かな感触を持ち、
夢というにはリアル過ぎるものだった。
その夢の世界の名は「ミフターフ」
彼女の通う「御符汰学園」と、とてもよく似た名前の世界だった。
国を統べる王が消え、王とともに「ミフターフ」を維持し守る姫巫女も長く現れず、
世界は緩やかに衰退していた。
聖なる泉から現れた彼女は、5人の王子候補の中から王を選び出し「ミフターフ」を救うという使命を持つ
聖なる姫巫女となる。
そして王を選ぶこと—それは彼女が王子候補の誰かに「恋」することを意味していた。
シンクロする「学園」と「ミフターフ」の出来事、どちらの世界にも存在するそっくりな「王子」達。
「ミフターフ」は夢なのだろうか?
何故王子達は両方の世界に存在するのだろうか?
やがて彼女は理解する。
2つの世界の繋がりの秘密を、そして理由を。
彼女の部屋の引き出しにある、沢山の黒い羽根の秘密を。
黒い羽根が舞うその瞬間、夢がまた1つ消える。
世界が壊れていく。
残酷な運命を変えられる力はただ一つだけ。

『これは、恋を知らなかった少女が誰よりも激しい恋に目覚めるまでの美しいおとぎ話』

出典:ガーネット・クレイドル ポータブル ~鍵の姫巫女~  (C)SPICA (C)2011 IDEA FACTORY

🍑 🍑 🍑 🍑 🍑 

シナリオ 7

35 / 50点

キャラクター 7
グラフィック 7
ボリューム 6
萌えキュン度 8

🥞 🥞 🥞 🥞 🥞 

作品傾向 

王道・少女漫画・夢・ファンタジー・高校生・やや甘

🍭 🍭 🍭 🍭 🍭

🐣 ネタバレしないように極力配慮はしていますが 些細な部分でポロリがあるかもしれません
🐣 どんなに小さなネタバレも目にしたくない方は このままそっと閉じて下さい

🐣 主観的な部分が多く含まれております故 あくまでもご参考程度でお願いします
🐣 オヌヌメ攻略順以降は 攻略に関するバレをしている時もありますのでご注意下さい

◆―――――――◆―――――――◆―――――――◆

🌻 シナリオ 7
超王道乙女チック☆ファンタジー。ひたすら少女漫画仕立てです。

🌻 キャラクター 7
主人公ちゃんのデフォ名呼びなし。「乙女とはかくあるべき」風味な純乙女ちゃん。
攻略キャラは、ツンデレ・爽やか・フェミニスト・下僕・王子様 各種取りそろえております。

🌻 グラフィック 7
古い作品なので、塗りがのっぺりした感じです。要所要所デッサンが???な部分もありますが
構図がとても素晴らしいので、魅せられる感じです。

🌻 ボリューム 6
共通ルートやや長め。各キャラルートはほぼ完全独立進行、大筋の肝部分は金太郎飴。
少し本気を出せば(※当社比)一週間かかるかかからないかくらいでコンプできる総量。
クリア後のご褒美が塩対応です。

💕 萌えキュン度 8
昭和の少女漫画的なのすたるじっく萌えが凄いです。
昔の乙女なら気恥ずかしさと懐かしさにほっこりしていただけると思うのですが、
現代乙女はどう思うのか未知数です。萌えは年代の壁を超えると信じてます。

******************************

🍙 オヌヌメ攻略順
勅使川原透矢→櫻沢輝一郎→西連寺理人→白土楓→サーリヤ
(攻略制限あり)※情報提供Tちゃん

サーリヤは他の攻略キャラ全員のENDを見ないと攻略できません
また、サーリア初回攻略時はハピエンは見れずBAD ENDになります。
BAD ENDを見た後セーブデータからやり直すと、ハピエンを見れます。

🍙 オヌヌメ度

オヌヌメしたい気持ち 70%

若干の厨二脳含む昭和の乙女さんに是非とも
懐かしさにむせび泣いてもらえるとよいかなと思います。

******************************

以上です。プレイを検討されている方の参考になれば 幸いです(*゚ヮ゚*)

にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ

0